【買ってよかったもの】美容師のマストアイテム ドライヤーNobby NB1903購入レビュー

f:id:netbus92:20180729221442j:plain

ドライヤーに関して、これまでPanasonicのionityシリーズを使っていたのですが、ふとプロ仕様のドライヤーが欲しくなったのでAmazonプライムデーでポイントが沢山貰えるタイミングでNobbyの「NB1903」というドライヤーを購入してみました。

日本中の美容室で愛用されているにもかかわらず5000円程度のお手頃価格で購入出来うオススメ商品なのでレビューしていきたいと思います。

 

 美容師のマストアイテム ドライヤーNobby NB1903購入レビュー

購入した商品はこちらです。カラーについては白と黒がありますが今回は黒を選択しました。

 早速パッケージから見ていきたいと思います。

 

ドライヤーNobby NB1903外見とスペックについて

f:id:netbus92:20180729202857j:plain

パッケージを見て他のドライヤーと比べて明らかに大きなと感じました。一般的にドライヤーは折りたたみが出来る機種が多いと思いますが、Nobbyのドライヤーは基本的に折りたたむことが出来ません。

可動部分を減らすことで故障リスクを抑えるコンセプトにプロ意識を感じます。

 

それではパッケージを開けていきます。

 

f:id:netbus92:20180729203215j:plain

 

内容物一覧

  • ドライヤー本体
  • 取扱説明書

他の電化製品と比べて当然ながら内容物がシンプルですね。

 

本体の外観について

本体を折り畳めない事も大きな特徴ですが、フィルター部分が大きい点も目立ちます。他の特徴としてコードが3mと非常に長いですが、美容室で取り回す事を考慮しての長さなので、自宅で使用する際は付属の結束バンドを使う必要があります。

 

ドライヤーの利用方法

続いてドライヤーの使い方について見ていきます。

 

コンセントに差し込み切り替えスイッチを入れる

f:id:netbus92:20180729221824j:plain

一般的にドライヤーは風量切り替えが出来ますが、本商品では1200wと600wが用意されています。

 

各出力の適した使い方

「1200w」素早く乾かしたい時に適しています。風量が多く髪が散るのでセットには不向きです。

「600w」優しい風なのでスタイリングがしやすく、セットに向いています。

 

冷風への切り替え

切り替えスイッチの上に冷却スイッチが付いています。押し上げると固定され冷風状態が保たれます

 

フィルターのメンテナンス方法

f:id:netbus92:20180729210213j:plain

本体から取り外して軽く叩いてホコリを落とし、柔らかいブラシで擦ります。

汚れが落ちにくいときはフィルターをぬるま湯で軽く押し洗いして乾燥させます。濡れたままフィルターを取り付けて使用すると故障の原因となるので気をつけましょう。

 

一般的なドライヤーはフィルターを外すことが出来ないのでホコリが目詰まりして故障することが多々ありますが、Nobbyのドライヤーはメンテナンスが出来る点が嬉しいです。

 

総評

長い髪でも直ぐに乾くこと、コンセントの位置を気にせずに使える点が大きなメリットだと感じました。

使い心地に関しても、本体の重量はある程度あるものの、持ち手やヘッドのバランスが上手く撮れているため重さはあまり感じませんでした。

冷風が温風と同出力で使えるのでボリュームアップ系のスタイリングにも適しているのが嬉しいですね。

使用時の音に関しても大きいファンを搭載しているので高温が少なく比較的静かです。

マイナスイオンやナノイー等の付加機能はありませんが、個人的にあまり信用していないので、基本機能がしっかりしていて5000円で入手出来る本製品は人を選ばず誰にでもおすすめできると思っています。

 

良い点

  • 安い
  • 風量が強い
  • しっかりとした作り
  • 耐久力が高い
  • 音が静か
  • コードが長い

 

良い点

  • 本体が大きい
  • 重い
  • マイナスイオン等の機能がない

 

最後までご覧頂きありがとうございました。