【買って良かったもの】高音質左右分離イヤホン「Pasonomi TWS-X9」購入レビュー【IPX7完全防水】

f:id:netbus92:20180722032722j:plain

Amazonプライムデーで「Pasonomi」というメーカー「TWS-X9」という左右分離Bluetoothイヤホンを購入したのですが、期待以上に良かったのでレビューをしていきたいと思います。

 

高音質左右分離イヤホン「Pasonomi TWS-X9」購入レビュー

購入したイヤホンはこちらです。

 

 Amazonプライムデーで安くなっていたのがきっかけでしたが、Amazonのカテゴリ「イヤホン・ヘッドホン」でベストセラー1位になっていたので絶対に良品だと確信して購入しました。

 

早速開封して中身を見ていきたいと思います。

 

Pasonomi TWS-X9 外見とスペックについて

f:id:netbus92:20180721215751j:plain

恐らく中華メーカーだと思いますが、検索しても何処で生産しているのかは分かりませんでした。

とりあえずパッケージは日本語で記載されているので日本向けに生産されている製品ではあるようです。

 

f:id:netbus92:20180721220259j:plain

パッケージの背面には主な仕様が英語と日本語の両言語で記載されています。パッケージはシンプルでマットなデザインです。

 

f:id:netbus92:20180721220807j:plain

内容物一覧

  • イヤホン本体
  • キャリングケース
  • イヤーピースS・M・L
  • 取扱説明書
  • イヤホン充電器
  • MicroUSBケーブル
  • ギフト交換案内(レビュー依頼)カード

 

イヤホンケース

f:id:netbus92:20180721221210j:plain

イヤホン本体はケース本体に入っており、ケースが充電器の役割を担っているタイプです。ケースの大きさは概ねキャッシュカードやクレジットカードの一回り小さいくらいで厚さは大体4cmくらいです。

 

f:id:netbus92:20180722022021j:plain

ケースの充電については側面のMicroUSBポートにケーブルを刺して行います。容量は2200mAhで2.5時間程度で充電が完了します。

 

f:id:netbus92:20180722022336j:plain

反対側の側面にはUSBポートがあり、ケーブルを刺すことでスマホなどを充電するモバイルバッテリーとして使うことが出来ます

2200mAhなのでそこまで大容量というわけではありませんが、iPhone8であれば50%程度充電できるので、サブバッテリーとして持っておくと安心出来ると思います。

 

f:id:netbus92:20180722023228j:plain

ケースの充電残量については青いインジゲータの点滅で分かるようになっており、イヤホンの充電状態についても赤いインジゲータの点灯、点滅、消灯でそれぞれ視覚的にわかりやすく表現されています。

 

イヤホン本体

f:id:netbus92:20180721221544j:plain

買う前の印象より実物は少し大きかったのですが実際に装着してみると殆ど耳からはみ出るのは1~2mmなのであまり気になりませんでした。

質感はプラスチック感が割と全面に出ていますが、殆ど見えないのでその点は問題無さそうです。

音楽の連続再生時間は約4時間で付属ケースに1時間程度入れておくと充電が完了します。

 

イヤホンの電源のオン・オフについてはケースから出すとオン、ケースにしまうとオフになります。そのためイヤホンはケースと一緒に持ち運ぶことが前提の作りとなっていると言えると思います。

 

IPX7の防水性能を備えているので入浴中でも使えるのは嬉しいですね。IPX7クラスは生活防水より上のランクの防水性能なので水中に入れてしまっても耐久性能上は問題ありません。

 

Pasonomi TWS-X9 音質レビューと評価

今回はiPhone8にBluetooth接続して音質を確認しました。

 

高音域★★

中音域★★

低音域★★★★

音 像★★★★★

解像度★★★

装着感★★★★

 

高音域

高音域についてはあまり伸びてきません音量のバランスが中低域に寄っているので、女性ボーカルの細く鋭い曲や、高域のシンセサイザーや金管楽器を多様する曲を聞くとメロに集中することは難しいかもしれませんが分離型のBluetoothイヤホンであれば及第点だと思います。

 

中音域

中音域は低音域ほどではありませんが、広いレンジでバランスよく鳴るので男性ボーカルの曲は気持ちよく聞くことが出来ます。色々なジャンルで試してみましたが、中音域はポップスやロックよりも弦楽器中心のクラシックやジャズなどにマッチしていると思います。

 

低音域

低音域についてはどのジャンルの音楽を聴いても満足出来ると思います。Bluetoothのイヤホンにありがちな「とりあえず低音を鳴らしている感」は一切なく、重さのある音がとても気持ちいいです。

強いて言えば締まった(尖った)音というよりは丸みを帯びた易しめの音ですがボヤケている印象はありません。

 

音像&解像度

Bluetoothイヤホンは一般的に解像度が低く、音が何処で鳴っているのか分からないことが多いですが、どの音がどの辺りで鳴っているのかが明確に分かります。

解像度も一般的な中華イヤホンよりも高音質ですが、それ以上に音像がくっきりとしていることに高く評価をしています

 

装着感

Bluetoothに限らず今まで使用した全ての中華イヤホンの中で一番装着感が高いです。一般的なカナル型と比べて、耳全体を覆う様な形に設計されているため、音が逃げる隙間が無いことが理由だと思います。

低い音量で聴いていても周辺音は殆ど聞こえません。

 

総評

少し辛口で書きましたが、約6000円で購入で出来る事を踏まえると大満足です。音のザックリとしたイメージとしては元気で楽しく鳴らすというよりはしっかりと音楽を楽しむ聴き方に相性が良さそうです。

 

良い点

  • 装着感がとても高い
  • 中低音域がしっかりと鳴る
  • 音像がクッキリとしているのでしっかりと音楽を楽しむことが出来る
  • ケースをポータブルバッテリーとして使うことが出来る

 

残念な点

  • ケースが少し大きい
  • 高音域は弱め

 

おわりに

中華イヤホンは当たり外れが激しい中で大当たりに出会うことが出来たと思っています。

国産のミドルレンジイヤホンにも負けないポテンシャルがあると評価しているので、暫くはメイン使いのイヤホンになりそうです。

一ヶ月程度使ってみてエージングが終わった頃に再評価をしてみたいと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。