「大迫半端ないって」の合唱版を作曲した友人が半端なくバズった話

f:id:netbus92:20180627234331j:plain

皆さん「大迫半端ないって」がTwitterを中心に流行している事はご存知でしょうか。

元ネタは大迫選手の高校時代の試合後に、対戦校である滝川第二高校の中西キャプテンがが鹿児島城西の大迫選手を絶賛した言葉で、最近はニュースなどで頻繁に取り上げられているので見られた方も多いと思います。

そんな「大迫半端ないって」を歌詞に、友人が合唱曲として作曲してTwitterにアップしたところ、半端ないバズり方をして驚いたのでご紹介したいと思います。

 

 

「大迫半端ないって」の合唱版を作曲した友人が半端なくバズった話

とりあえずその動画を紹介します

 このツイートに至るまで、4,5時間で作曲して2時間くらい練習したみたいです。

記事執筆時では11万いいね、5万リツイートとなっており、身近なところでバズるのを初めて見ましたが本当に一日中通知が鳴り止まないらしいですね。

 

合唱はダサいという風潮を変えたい

f:id:netbus92:20180627234452j:plain

このブログで合唱の話をするのは始めてですが、私は高校から合唱を始めて、卒業後は一般の合唱団に入団し社会人になるまで8年間合唱を続けていました。作曲者を含め演奏している彼らとはその中で出会いました。

 

同じ合唱団で歌った仲間ももちろんいますが、中には当時他の合唱団のメンバーもいます。ですが、合唱界隈は狭いので自然と顔なじみになるのです。この辺りはマイナー趣味あるあるかも知れないですね。

 

私は中学校を卒業するまで私はサッカーを続けていたのですが、高校入学時に合唱部に勧誘され、そして演奏に魅了され入部しました。それから社会人になるまで合唱を続けましたが、その中で悲しかったことがあります。

 

直接言われたことこそ殆どありませんが、一般的に合唱は人気が無く「ダサい」と思われてしまったいることです。自分が真剣に打ち込めば打ち込むほど、そういう雰囲気が凄く嫌でした。

 

今まで合唱というジャンルは認知される機会があまりありませんでしたが、Twitterを始めとして今は誰でも情報を発信できる時代になりました。彼らはその負のイメージを払拭したい、合唱がカッコいいところを知ってもらいたいと語ります。

 

「大迫半端ないって」はそんな思いから生まれたカジュアルなクソ合唱曲だと作曲者は語ります。これを気に少しでも合唱に興味を持ってくれる人が増えればいいなと思うのは私だけでなく多分合唱人全員の願いだと思います。

 

メディアからのオファーがたくさん来ているらしい

先の合唱団の団長談ですが、各メディアからのオファーが大量に来ているらしいです。ネットのニュースだと有名なロケットニュースとか共同通信に載っているのを見て驚きました。

 

テレビでもノンストップ、プライムニュースイブニング、every.などなど地方局も含めると数多く取り上げられているみたいで本当に半端ないですね。

headlines.yahoo.co.jp

 

合唱のカッコいいところを少しお見せします

 同じ合唱団が歌った、こちらは本気の演奏です。多分聞いて頂ければ「大迫半端ないって」との練度の違いを感じてもらえると思います。

 

www.youtube.com

こちらは先の合唱団と全く関係ありませんが、私が一番好きな合唱曲です。アメリカの人気作曲家の曲ですが、繊細な音の重なりがとても魅力的な一極なのでよろしければ是非聞いて頂けると嬉しいです。

 

おわりに

この件は少し離れていた合唱をやりたくなるきっかけになりました。と言っても合唱が嫌だったのではなく単純に仕事の忙しさが理由なのでそう簡単に戻れるわけでもないのですが。明日のポーランド戦、大迫選手には是非流れに乗って頑張ってもらいたいですね。