大阪で家賃21,000円ガス代込みの格安物件に住んだら思いの外凄く良かった話

f:id:netbus92:20180528213439p:plain

仕事の都合で2015年から2016年まで大阪に住んでいました。

新卒入社したばかりでお金が全然なくて貧乏だったのでやむなく格安物件に住んでみたら個人的には凄く良かったという内容です。

おもしろエピソードも結構あるのでよければお付き合いください。

大阪で家賃21,000円ガス代込みの格安物件に住んだら思いの外凄く良かった話

 物件の概要

  • 築20年
  • 7階建
  • 鉄骨造マンションの4階
  • 間取りは1K
  • 部屋の広さは4畳
  • ユニットバス
  • 冷蔵庫付き
  • マンションの入口はオートロック
  • 家賃21,000円(ガス・水道代は家賃に含まれている)
  • 敷金、礼金0円
  • 駐輪場付き
  • 共用のランドリーがマンション内にある
  • 24時間ゴミ出し可能
  • 壁紙フローリングは退去時に張替え
  • 最寄り駅まで徒歩約10分
  • スーパーまで徒歩3分

部屋の広さだけはネックかなと思いましたが、この情報を見聞きした瞬間「この物件しか無い!」と思い内覧をせずに即決しました。

 

紹介して下さった不動産屋の担当者へ確認しましたが事故物件では無いとのことで、逆に少し怖かった記憶があります・・・

 

実際に住んで分かったこと

ここからは住んでみるまでわからなかったエピソードを幾つかご紹介します。

 

入居者の70%が外国籍の学生・労働者

これは初日に大家さんに聞いて分かったのですが、入居者は圧倒的に学国籍の方が多かったです。私のような会社務めのサラリーマンはあまり居ないとのことでした。

理由は明らかで家賃が安いからとのことでしたが、コリアンタウンに近い場所で韓国の方をマンションの外でもよく見かけました。

 

高速道路が窓から3メーター離れたところを通っている

f:id:netbus92:20180528215355j:plain

写真だと少し分かり辛いですが、窓の直ぐ側を高速道路が走っています

音もインパクトが大きいのですが、車が通る度にライトの強烈な光が入ってくるのでこれが一番キツかったです。

また、大型車が通る度に床が揺れるので最初の2週間くらいは全然寝れ無くて5キロ痩せました

ですが、1ヶ月位経つと体にフィルターを掛けているのか全く気にならなずに寝れるようになりました。人間って不思議ですね。

 

ライトについては遮光カーテンを買えばいいと思われるかもしれませんが、あいにくとお金が無いのです・・・

 

隣部屋の韓国人が叫びながら壁を叩いてくる

正直これが一番怖かったです。

最初はこちらが煩くしてしまったかなと思っていたんですが、普通に寝ているときも壁を叩かれていたので多分そういう人なんだと思って諦めました。

1ヶ月我慢して辞めてくれなかったら出ていこうとも思ってたんですが、運が良いのか3週間目で退去してくれたので助かりました。

 

もしかしたら管理会社に根気強く説明していたのが幸いしたのかもしれませんが、その辺りは聞けませんでした。

 

部屋の窓から通天閣が見える

f:id:netbus92:20180528220430j:plain

見慣れてしまえば大したことは無いのですが、新世界にほど近い立地なので窓から通天閣がよく見えました

新世界に近いので会社帰りにはよく串カツを食べに行っていたのがいい思い出です。

住む上で工夫したこと

f:id:netbus92:20180528220846j:plain

これが実際に生活していた風景写真になります。

狭すぎるかなと思っていましたが、逆に私のようなインドア派には狭さが心地良かった気がします。

トイレに1秒で行けるのが何よりも便利でした。

 

窓には養生テープでカーテンを貼る

これは苦肉の策でした。カーテンをカーテンレールにつけてしまうと、カーテンレールが使えなくなってしまうのです。

何を言っているかわからないかもしれませんが、ご了承下さい。

ちなみにAmazonで買った1500円の遮光カーテンを買いましたが、写真を見て分かるように、全然遮光されていませんでした

 

カーテンレールに洗濯物を干す

これもよく見ると写真に写っていますが、我ながら当時はいいアイディアだと思っていました。

カーテンを引っ掛けるパーツの穴にいい感じにハンガーが引っかかるのです。

穴がたくさん(15個くらい)あるので週末にまとめて洗濯をして干していました。

 

 

ざっとここまで思いつくまま書いてみましたが、基本的に家具は全部ネットショップで探した格安品を大事に2年間使いました。

その他、生活する上で色々あったので、機会があればまた書き起こしたいと思います。

 

おわりに

今は東京に戻ってきて実家で暮らしているのですが、なんだかんだ結構楽しんで生活していました。貧乏でも色々考えて工夫しながら失敗したり成功したりといい経験をさせてもらった2年間だったとしみじみ感じています。

 

長文となりましたが最後までご覧頂きありがとうございました。